News
髪の毛に落ち込んでいる男性

AGAは近年注目されている脱毛症です。
主な症状としては抜け毛が多い、髪の毛が細い、頭頂部が薄い、頭皮が脂っぽい、生え際が後退したなどがあり、進行していくのが特徴です。
40代以降が多いですが、20代でもなる場合があります。

原因としては遺伝や男性ホルモンが影響していると考えられていますが、生活習慣の乱れも関係しており、喫煙、ストレス、加齢、不規則な食事、睡眠不足などが挙げられます。
特にストレスは影響が大きく、ストレスを感じることにより頭皮への血流が悪くなり毛根に栄養を運ぶことができなくなります。
栄養がない毛根は髪の毛を成長させることができなくなり毛が抜け落ちてしまいます。

男性ホルモンの影響としてはジヒドロテストステロンが原因となっています。
このジヒドロテストステロンはニキビや前立腺肥大などの症状も起こしますが、毛髪の細胞にある男性ホルモンと結びつくとヘアサイクルを乱れさせ、髪の毛が成長する前に抜けてしまいます。
成長する前に抜けてしまうので、成長段階にある細くて短い髪の毛が多くなり薄毛が目立つようになります。

AGAは食生活も関係しています。
ビタミンや亜鉛が不足すると髪の毛は成長することができません。
亜鉛は牡蠣や豚肉などに多く含まれているのでバランスの良い食生活をするようにします。
なお、過度にアルコールを摂取してしまうと、アルコールを分解しようと亜鉛を使用してしまうのでより脱毛が進んでしまいます。
AGAの可能性がある時はたしなむ程度に抑えるようにします。

AGAはプロペシアのような薬で治療が可能です。
このプロペシアは毛周期を正常化させる効果がありますのでAGAの改善に効果的です。
髪の毛が細くなったと感じた場合はできるだけ早く医療機関に相談するようにします。

また、プロペシアにはジェネリック医薬品のフィンペシアという薬があります。
プロペシアに含まれる成分フィナステリドが同じようにフィンペシアにも含まれているため、効果が同様に得られる上、値段が安いという利点があります。
治療費に不安がある方は調べてみても良いでしょう。

記事一覧

AGAの基本として知っておかなければならないことがあります。 育毛と発毛のアプローチ方法は全く異なり...

「ポラリス」とは、AGA(男性型脱毛症)治療のためにアメリカの上場企業であるポラリス社によって研究開...

高校生の頃はどちらかというと、髪の毛の量が多すぎて、毎朝セットするのが面倒だと感じていたけれど、今で...

分け目が薄くなってきていることが気になっている場合には、薄毛対策を行うことがおすすめです。 分け目の...

髪を心配する男性

有名人もAGA治療を受けていることを自ら公表する人が増えています。 また明らかに頭髪の量が増えた人も...

髪の状態を改善したい男性

薄毛の原因の一種としてAGAのことが取り上げられているために、その言葉を耳にしたことのある人もいるで...

鏡を見て、髪を触る男性

AGAは20代から30代にかけての若い男性や40代に入った男性に多い薄毛で、男性型脱毛症と呼ばれてい...

髪を心配する男性

AGAであるかどうかの判定基準は、ちゃんと存在します。 おでこの生え際が頭頂線より前に二センチメート...